ワインって、色・香り・味わいから原料や産地が想像できるのが楽しいところですね
スマートフォン用サイト
バイザグラスのソムリエ松沢裕之です。

ワインはブドウ100%で造られるので、原料が大切です。
ワインの品質の9割はブドウで決まるといわれています。

よいブドウを作らないと、よいワインはできません。

ふつうビール会社は大麦畑を持っていないし、
日本酒の酒造会社は田んぼを持っていないけど、
ワイナリーはブドウ畑を持っていますね。

ワイン造りにおいて、いかに原料のブドウが大切かがわかります。

色を見て、香りを感じて、飲んでみると、原料が想像できる
品種とか、産地などが想像できる

これがワインの楽しいところです。


kuentz-bas_riesling

たとえば、上の写真のようなワインを見ると、
淡い色調をしていますね。
なんとなく、エッジ(液面のふち)がグリーンがかった感じもします。

「淡い、グリーンがかった、レモンイエロー」と表現できますが、

なぜ、そのような外観なのだろう? 
ブドウ品種のせい? 産地のせい? 造り方? ・・・

と想像を働かせていきます。

鼻で香りをとってみると、
芳香性に富み(アロマティック)で、白い花のような香りと、すこし青リンゴのような香りもします。

なぜ、そのような香りなのだろう? 
ブドウ品種のせい? 産地のせい? ・・・

と、また想像を働かせていきます。

口に含んでみると、
けっこう酸味がシャープで、その酸味もグレープフルーツというよりは青リンゴっぽくて、
思ったよりはサラっとしておらず、フレッシュな果実味を強く感じます。

全般として、フレッシュ、フルーティ、フローラルな総合印象の辛口の白ワインです。

そこで、あーなるほどー、
このワインはリースリングというブドウ品種から造られていて、
産地はフランスのアルザス地方だろうなー、と想像できるわけです。

外観と香りに同様の特徴を持っていても、すこし甘みを感じるワインであれば、
同じリースリングでもドイツのものである可能性が高くなります。

こんなふうに、ちょっぴり分析しながらワインを楽しむ習慣をもつと、
ワインのことが、よりよくわかるようになり、ワインの楽しさも深まっていきます。

バイザグラスのワインセミナーでは、
実際にワインを一緒にテイスティングしながら、このようなお話もしています。

ワインを味わって、どう感じたかを、皆で意見交換するのも楽しいですね。

ワインの楽しさを、もっともっと多くの皆さんに伝えていきたいと思っています。

(2017年3月21日)