世界に羽ばたけ日本のワイン!〜 地理的表示「山梨」 GI Yamanashi の山梨甲州ワインは爽やかな柑橘系の香りをともなうキレのいいワインですね
スマートフォン用サイト
バイザグラスのソムリエ松沢裕之です。

今日は久々に日本のワインを飲んでみました。
わが国の代表的なブドウ品種「甲州」の白ワインです。

mercian_koshu_sq

外観は、淡い、グリーンがかったレモンイエロー。

柑橘系の香りがします。
レモン、かぼす、すだちなどを思わせる、爽やかな香りです。

甲州というブドウから来る豊かな酸味を感じます。

味わいとしては、「キレのいい」ワインですね。
逆に言えば、果実味の凝縮感はなく、サラリとした感じです。

若干の苦味をともない、同時に硬質の水やミネラルウォーターを飲んだときのようなミネラル感も感じます。

刺身、寿司はもちろん、生ガキ、サンマの塩焼きなど、和食全般に合うでしょうね。

厳格なワイン法が存在するヨーロッパ諸国のワインと異なり、
日本のワインは海外のブドウ原料を一部使ったワインでも「国産ワイン」と表記できてしまうなど、
ワインの原産地表示においてはずいぶん緩いところがありました。。

それでも2013年に
「山梨」がワインの地理的表示として認定され、
EUなど海外に輸出できるような法的基盤も整いつつあります。

このワインのラベルにも「GI Yamanashi」って書かれてますよね。
※GI = Geographical Indications(地理的表示)

gi-yamanashi

GI Yamanashi を名乗るには、

山梨県産ブドウを100%使用すること
山梨県内で醸造、瓶詰めしたワインであること
「甲州」と表示する場合は、ブドウは甲州100%であること

などの定めがあります。

日本でも、2015年に初めて「日本ワイン」の定義や表示ルールが制定され(日本版ワイン法)、2018年10月から施行されます。

2020年には東京オリンピックもありますし、世界の人々に日本のワインをPRするチャンスです。
これから、ますます日本のワインが世界に羽ばたいていくといいですね!

(2017年4月22日)