白ワインを飲んで樽の香りがしたら十中八九シャルドネ!〜 シャルドネは果実由来の特徴が乏しいのが特徴なので、木樽で風味をつけて「化粧」することが多いのです
スマートフォン用サイト
バイザグラスのソムリエ松沢裕之です。

ワインには、

● 品種の名前を名乗るワイン(ラベルに品種名が書かれている)
● 土地の名前を名乗るワイン(ラベルに品種名が書かれていない)

の2つがあります。後者はヨーロッパのワインに多く見られます。

単一品種でワインが造られることもあれば、いくつかのブドウ品種がブレンドされることもあります。

今日から、白ブドウの中でもとくに重要な品種について書いていきます。
トップバッターは、世界中で最も広く栽培されている白ブドウ「シャルドネ」です。


◆シャルドネ◆

シャルドネは世界有数の偉大な辛口白ワインやスパークリングワインを生み出す、高貴なブドウです。
シャルドネの代表はフランス・ブルゴーニュ地方の白ワイン
もうひとつがシャンパーニュです。

ブルゴーニュ地方の白ワインはそのほとんどがシャルドネから造られますが

ムルソーピュリニー・モンラッシェシャサーニュ・モンラッシェといった村の白ワインがとくに有名です。

モンラッシェコルトン・シャルルマーニュなど特級畑の最高級ワインも多くみられます。

もちろんデイリーワイン(日常的なワイン)としても、シャルドネは世界中で大量に流通しています。

シャンパーニュの場合はシャルドネだけで造られることもありますが、多くは他のブドウ(ピノ・ノワールとピノ・ムニエ)とブレンドされます。


chassagne-montrachet2014_gagnard
 ▲上品に輝くシャサーニュ・モンラッシェ 〜 ブルゴーニュのお手本のようなシャルドネの白ワイン


シャルドネは世界中すべてのワイン生産国で栽培されています
その理由は2つあります。

\こγ罎里い蹐い蹐糞じに幅広く適応できるブドウ品種だから
▲轡礇襯疋佑肇薀戰襪暴颪れているとワインがよく売れるから

シャルドネというブドウは、産地の気候によってかなり特徴が異なります。

ソーヴィニヨン・ブランやリースリングなど他の白ブドウに比べると、シャルドネは一般に酸味はやや穏やかで比較的まろやかな口当たりの白ワインになります。
しかしフランス北部シャブリのような冷涼な産地では、酸味が豊富でキリッとしたワインにもなります。

逆にカリフォルニア、チリ、オーストラリアなどの温暖な産地では酸味は穏やかで、口当たりふくよかなフルボディの白ワインになります。

シャルドネのワインの多くは木樽で熟成されます
すると、ワインに木樽の香りや風味がつきます。

木樽の香りのことを樽香といい、
樽香の顕著なワインのことを、俗に「樽がきいている」と表現します。

樽のきいたシャルドネがあまりにも一般的なので、消費者の中には樽の風味をシャルドネの風味だと混同してしまう人も多く見られます。

グラスに注いだシャルドネワインに、トーストのような、いぶした木のような、ナッツのような、バニラのような香りがしたら、それは木樽の要素であってシャルドネというブドウ自体の特徴ではありません。

ワインの中にシャルドネ自体の香りを探すとしたら、平均的に言えば白桃とか洋梨などの食べて酸っぱくない果実でしょうか。
涼しい地方のシャルドネにはリンゴのような香り、カリフォルニアや南米、オーストラリアなどの温暖な産地では黄桃やパイナップルなどトロピカルフルーツの香りが感じられます。

でも、実はシャルドネ自体の果実の香りはそれほど強くありません。

他のブドウ品種に比べて、シャルドネは果実由来の特徴が乏しいのが特徴です。
だからこそ、シャルドネのワインは木樽で風味をつけて「化粧」することが多いのです。

白ワインを飲んで木樽の香りがしたら十中八九シャルドネ!
といっても過言ではありません。

シャルドネの中でも上級のものは、木樽の中でも高価なフレンチオーク樽が使われますが、
安い価格帯のものは、実際には木樽は使われずに樽の木片(オークチップ)をワインに一定期間漬けて樽香をつけたり、場合によっては樽の香りがする液体香料を添加して樽香をつけたりすることもあります。

なお、フランスの原産地統制呼称ワインにオークチップを使用することは現地の法律で禁止されています。

イタリア北部やフランスのシャブリなどの地域ではシャルドネでも樽熟成させないことが多いです。
またカリフォルニアやオーストラリアなど樽香をつける典型的な産地の中にも、最近ではあえて木樽を使わないスッキリした味わいのシャルドネを造る生産者も現れてきています。

このように産地や生産者によって性格が七変化するブドウ品種、それがシャルドネだといえるでしょう。

(2017年5月8日)