ボルドーには「左岸」と「右岸」があります 〜 それぞれ土壌やワインのスタイルが異なり、左岸はカベルネ・ソーヴィニヨン主体、右岸はメルロー主体のワインとなります
スマートフォン用サイト
バイザグラスのソムリエ松沢裕之です。

ボルドー地方には、明確にタイプの違うワインを生み出す2つのエリアが存在します。
それぞれボルドー「左岸」「右岸」と呼ばれています(図表を参照)。

bordeaux_map


いちばん安価な価格帯のボルドーワインは、左岸も右岸も含めた「ボルドー地方のどこか」でできたブドウから造られ、原産地表示もいちばん広域の「AOCボルドー」を名乗ります。

もう少し良いワインになると、左岸もしくは右岸の中の、より狭く特定された地区や村のAOCを名乗ります。

左岸のブドウ畑はガロンヌ河から、さらに河口側で大西洋に注ぐジロンド河にかけての西側(つまり左岸)にあります。

右岸のブドウ畑はドルドーニュ河の北側と、さらに河口側のジロンド川の東側(つまり右岸)にあります。

ちなみにガロンヌ河とドルドーニュ河の間に位置するアントル・ドゥ・メール地区はソーヴィニヨン・ブランを使った白ワインの名産地です。

ボルドー左岸、右岸にはそれぞれ、覚えておきたい重要な地区があります。

●左岸

オーメドック地区 Haut-Medoc
  (この中にポイヤックやマルゴーなどの有名な村々があり、グラン・ヴァンも生まれる)

グラーヴ地区 Graves
  (中でもぺサック・レオニャン Pessac-Leognan が名醸地)

ソーテルヌ地区 Sauternes
  (甘口の貴腐ワインの名産地)

●右岸

サンテミリヨン地区 St.-Emilion
 (メルローやカベルネ・フラン主体のソフトで厚みのある赤ワインの産地) 

ポムロール地区 Pomerol
 (サンテミリヨンの西に隣接する通好みの高級ワインの産地)

左岸と右岸は、主に土壌が異なります。
左岸は砂利質が主体なのに対して、右岸は粘土質が主体です

そのため、砂利質の土壌に適したカベルネ・ソーヴィニヨンが左岸の主要品種となり、
粘土質に適したメルローが右岸の主要品種となります。

もちろん、左岸でもメルローを栽培していますし、右岸でもカベルネ・ソーヴィニヨンが植えられています。
またいずれの側でも、重要な補助品種としてカベルネ・フランも育てられています。

(2017年6月24日)