イタリアは20州すべてでワインが造られています 〜 イタリア人にとってワインと食事は切り離せないもの、そしてワインと人生も切り離せないもの・・・らしいです
スマートフォン用サイト
バイザグラスのソムリエ松沢裕之です。

2000年以上前にジュリアス・シーザーがガリアの地を征服してから、イタリア人は世界に様々なものをもたらしてきました。

情熱あふれる芸術的センス、美味しい料理、職人気質の粋が込められた道具や雑貨・・・イタリアはファッション、アート、グルメ、そしてもちろんワインの分野で、いまでも大きな文化的影響力を持っています。

wine+italian_flag

世界中どこにでもイタリア料理店があるおかげで、ぼくたちはイタリアワインを飲む機会も非常に多いと思います。
キアンティとかソアーヴェなんて名前、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

イタリアは、ものすごくたくさんのワインを造っています。
イタリアの国土面積はフランスの6割程度にすぎませんが、世界のワインの2割以上を生産しています。

イタリアは20州すべてでワインが造られています
世界的に見て最も偉大なクラスのワインも数多くあります。

数千種類にも及ぶイタリアワインはどれも食事と相性が良いのです。
それは、イタリアワインは食事と一緒に楽しむことをとくに重視して造られているからです。
イタリア人にとって、ワインと食事は切り離せないものなのです。

イタリアの人たちにとってワインは生命に必要な血液みたいなものです。
ブドウ樹はどこにでもあり、ワインなしでまともな夕食などありえない、といったところです。

これからしばらくの間、イタリアのワイン産地について述べていきます。
ピエモンテ、トスカーナといった最も有名な州からスタートし、その後で、きっとワインショップやイタリアンレストランで目にしそうな他の地域のワインについても触れていこうと思います。

フランスと同様に少々長くなるかもしれませんが、どうぞお付き合いください!


(2017年8月3日)