リオハは昔も今もスペイン随一の名醸地 〜 スペインの最も代表的なブドウ品種テンプラニーリョを主体とした赤ワインで世界的に有名な産地です
スマートフォン用サイト
バイザグラスのソムリエ松沢裕之です。

スペイン北部を流れるエブロ河流域にあるリオハ Rioja は歴史的にスペインの主要な赤ワイン産地でした。
リベラ・デル・デュエロやプリオラートが最近では急速に追い上げていますが、それでもリオハのネームバリューは大きいです。

リオハは赤ワインの生産が中心の産地で、全体の8割が赤ワインです。
残りの1割ずつがロゼワインと白ワインです。

リオハの主要ブドウ品種はテンプラニーリョ Tempranillo で、スペインで最も高貴なブドウ品種です。

スペインのワイン法では、リオハ赤にガルナッチャ(フランスではグルナッシュ)、グラシアーノ(同カリニャン)、マズエロなどをブレンドすることが許されています。

典型的なリオハの赤ワインは、テンプラニーリョとこれらの補助品種が2〜3種類ブレンドされているのが普通です。

生産者のなかにはカベルネ・ソーヴィニヨンを使用したリオハ赤を造っているところもあります。
マルケス・デ・リスカル Marques de Riscal、マルケス・デ・ムリエタ
Marques de Murrieta など少数の有力生産者は、リオハ赤にカベルネ・ソーヴィニヨンをブレンドすることが法的に許されています。
リオハを規制する法律ができるよりも以前から、彼らはずっと自分たちのブドウ畑でカベルネ・ソーヴィニヨンを栽培していたからです。

リオハ地域は3つの地区に分けることができます。

リオハ・アルタ Rioja Alta (エブロ河の上流)
・・・栽培面積最大 (約50%)で、熟成向きの最上質ワインの産地

リオハ・アラベサ Rioja Alavesa (エブロ河の中流)
・・・エブロ川北岸にある若飲みみタイプから熟成向きまで、上質ワインの産地

リオハ・バハ Rioja Baja(エブロ河の下流)
・・・日常用ワインの産地。地中海の影響を受け上記2地区に比べ高温多湿、アルコール度の高い赤・ロゼワインになる

rioja_map
 ▲リオハ地域

リオハ・アルタとリオハ・アラベサは大西洋の影響を受けた比較的冷涼な産地で、
リオハ・バハはそれより温暖な産地です。

リオハの上級ワインはリオハ・アルタかリオハ・アラベサ産のブドウを使っていますが、中には3地区のブドウをブレンドしているものもあります。

同じリオハでも、地区によって気候や品質が異なるのですね。
次回もリオハについてもう少し見ていきます。

(2017年8月23日)