ドイツのVDP(ファウ・デー・ペー)ワインには独特の黒鷲とブドウのマークがついています 〜 ワインは基本的に辛口で、ほぼ例外なく美味しいワインですよ!
スマートフォン用サイト
バイザグラスのソムリエ松沢裕之です。

以前書いたように、ドイツの法的なワイン格付システムは、ブドウの熟度の高いものに対して上級のランクを与えるという独特の仕組みを持っています。

この仕組みのもとでは、上級のワインであればあるほど、必然的に甘口となります。

【関連記事】良いドイツワインには「肩書き」が付いている 〜 ブドウの成熟度(糖度)が高いほど上級のランクを与える独特のシステムをドイツが持った理由とは

そのような公的な流れとは別に、ドイツ高級ワイン生産者連盟という民間の同業者団体が独自にワインの格付システムを作っており、そこでは事実上、辛口ワインの格付が行われています。

ドイツ高級ワイン生産者連盟は、
VDP(ファウ・デー・ペー)
と呼ばれています。

このVDP(ファウ・デー・ペー)は民間とは言っても1910年設立で、すでに100年以上の歴史を持つ、十分に確立された信頼を得ている機関です。

ブドウの収量、ワインの製法、品質管理について厳しい規定があり、それを満たすことのできるワイナリーだけがVDP(ファウ・デー・ペー)に加入できます。

VDP(ファウ・デー・ペー)の生産者のワインには、独特の黒鷲とブドウのマークがついています。
もしかしたら見たことのある人も多いのではないでしょうか。

VDP
 ▲
VDP(ファウ・デー・ペー)のマーク
vdp2
 ▲たまたま持っていたドイツ辛口リースリングのキャップにもVDPマークが


VDP(ファウ・デー・ペー)のワインは基本的に辛口で、ほぼ例外なく美味しいワインです。

VDP(ファウ・デー・ペー)は4段階の品質基準を定めています。
上から順に:

.哀蹇璽察Ε蕁璽 Grosse Lage (最高級クラス)
 ・・・ブルゴーニュの特級畑(グランクリュ)に該当

▲┘▲好董Ε蕁璽 Erste Lage
 ・・・ブルゴーニュの1級畑(プルミエクリュ)に該当

オルツヴァイン Ortswein
 ・・・ブルゴーニュの村名ワインに該当

ぅ亜璽張凜.ぅ Gutswein
 ・・・醸造所名入りワイン

特に、,グローセ・ラーゲから造られる辛口ワインは
グローセス・ゲヴェックス Grosses Gewachs
と呼ばれ、
GGという略称がボトルに刻印され、畑名も記載されます。

いま日本に入ってきているドイツワインのなかにも、VDPのマークがついているものが結構あります。
今度ワインショップに行ったときには、ぜひドイツワインのコーナーで注意深く見てみてください。
きっと美味しいドイツワインだと思いますよ!

(2017年9月11日)