オレゴン州の最重要産地はウィラメット・ヴァレーです 〜 その中にあるヤムヒルにワイナリーが最も集中しており、すべての造り手がピノ・ノワールを手がけています
スマートフォン用サイト
バイザグラスのソムリエ松沢裕之です。

オレゴン州におけるピノ・ノワールとピノ・グリの最重要産地はウィラメット・ヴァレー Willamette Valley です。
ウィラメット・ヴァレーはオレゴン州北西部の中心都市ポートランドのすぐ南にあります。

ウィラメット・ヴァレーは オレゴンの中心的なワイン産地として40年ほど前から発展してきました。
実際、オレゴン州のワイナリーの約3分の2はウィラメット・ヴァレーにあります

ウィラメット・ヴァレーはアクセスもとても便利なワイン産地です。
同州の最大都市でレストランもホテルもお店も充実したポートランドから、車で30分ほどしか離れていません。

oregon_map
 ▲オレゴン州の主な産地

ウィラメット・ヴァレー自体は大きなエリアで、その中にいくつかの産地を含んでいます。
ポートランドのすぐ南にヤムヒル郡 Yamhill にはワイナリーが最も集中しており、そのすべてがピノ・ノワールを造っています。

大きなウィラメット・ヴァレーAVAの中のサブリージョンとして、ヤムヒル・カールトン・ディストリクト Yamhill-Carlton District やダンディー・ヒルズ Dundee Hills など6つののサブAVAがあります。
こうしたサブAVAは、ウィラメット・ヴァレーの持つ多様な土壌が各エリアのワイナリーに刺激を与え、それぞれの土壌の特徴を生かしてワイン造りの差別化を図ってきた結果として生まれたものです。

オレゴン州の他の主なワイン産地としてアンプクア・ヴァレー Umpqua Valley とローグ・ヴァレー Rogue Valley の2つがあげられます。
どちらも州の南西部にあり、ローグ・ヴァレーはカリフォルニア州との州境に位置しています。

アンプクア・ヴァレーはウィラメット・ヴァレーに比べると温暖で、ピノ・ノワール、シャルドネ、リースリングのほかカベルネ・ソーヴィニヨンも栽培されています。

ローグ・ヴァレーはさらに温暖になり、この地ではカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローのほうがピノ・ノワールよりも良いワインができたりします。
白ワインではシャルドネが中心ですがピノ・グリもだんだんポピュラーになってきています。

(2017年10月30日)